Feature-img

ニキビ跡が黒ずんでしまう原因とは?そしてそのケア方法とは


 ニキビ跡が黒ずんでしまう原因とケア方法

いつまで経ってもニキビ跡が消えない、そんな経験はありませんか?ニキビ跡が治らずに黒ずんだり、シミのようになってしまったりするのは色素沈着が原因です。黒ずんでしまったニキビ跡を消すためのケア方法をお伝えします。

ニキビ跡が残ってしまう原因とは

ニキビが炎症を起こすと、表皮だけでなく肌の奥深くまでダメージを与えてしまいます。肌はダメージを受けると防衛本能が働き、過剰なメラニンが生成されます。このメラニンが色素沈着を起こし、ニキビ跡が治らないまま黒ずみやシミのようになってしまうのです。ニキビの炎症を繰り返すと、メラニンがどんどん蓄積され黒ずみやシミが出来やすくなってしまいます。
通常ならば肌はターンオーバーが行われますが、ニキビで炎症が起こった状態だとターンオーバーも正常に機能しません。そのため、ニキビが治らない、ターンオーバーが正常に機能しない、メラニンが過剰に生成される、ニキビ跡が黒ずみやシミとなって残るという悪循環が生まれてしまうのです。

ビタミンC配合の化粧水でケア

ビタミンC配合 残ってしまったニキビ跡を解消するためには、ケアを続けることが大切です。まずは丁寧に洗顔をして肌を清潔に保ち、ニキビを予防しましょう。次に、化粧水や美容液で保湿ケアをします。炎症や皮脂を抑える働きがあるビタミンCが配合されたものがオススメです。
また、ピーリングをするのも効果的です。肌を傷つけないように市販のスクラブやピーリング剤を使用して優しく行いましょう。終わった後はしっかりと保湿をして、紫外線などの刺激を与えないように注意してください。
数年経っても消えないようなニキビ跡の場合は、皮膚科で診てもらうというのも方法の一つです。皮膚科ではニキビ跡解消に有効とされるイオン導入やケミカルピーリングを受けることが出来ます。

肌のターンオーバーを意識した生活が大切

ニキビ跡を解消するためにはまず現在出来てしまっているニキビを治すことが先です。肌の炎症が治まれば、ターンオーバーが正常に働きニキビ跡が消えやすくなります。効果があるピーリングもニキビの上からやってしまうと逆効果です。ニキビがきちんと治った後に行いましょう。また、タンパク質やビタミンを多く摂取したり、睡眠をたっぷり取ったりすることも肌もターンオーバーを促します。
ニキビが治ったら、ビタミンC配合の化粧水や美容液を使用して根気強くケアをしましょう。黒ずみやシミとして残ってしまったニキビ跡は一度のケアでは消えません。しかし、毎日のケアを続けることで少しずつ薄くなっていきます。日頃から肌のターンオーバーを意識し、肌に負担をかけない生活を心がけましょう。

ニキビ跡